国家も推奨する!燃料確保のBCP対策とは?

  • 2016年12月23日
  • admin

BCP対策されていないと!何が起きる?

BCP対策は、国家も推奨している対策の一つですよ。BCP対策とは、災害後において直ぐにでも事業の再開が出来る様にする取り組みです。事業が再開できなければ、従業員に給料を支払う事も出来なくなりますよね。取り引き先が、違う取り引き先を変えるかもしれません。倒産をすれば、従業員を解雇しなければならない場合も起きるでしょう。これは、一企業の問題ではありませんよ。その地域の経済活動が低下すれば、様々な企業に影響を与え、ドミノ倒しの様に多くの企業が倒産してしまうかもしれませんよね。

BCP対策の中でも燃料確保は大切な対策

BCP対策の中でも燃料確保は、大切な対策と言われています。たとえ、設備に問題は無くても燃料が無ければ、設備を動かせなくなりますよね。災害後の人の心理は、燃料に意識が高まる中で、燃料を多く確保する行動に走る人も多く現れるでしょう。この行動は、企業のみならず各々の家庭でも現れるかもしれませんよね。備えあれば憂いなしと言う言葉もありますが、BCP対策はその言葉を現している対策です。発電機を使う事をBCP対策に取り入れている場合は、燃料の確保について見直すのも大切ですよ。

BCP対策は、震災のみの対策では無い

BCP対策を行わなければならない姿は、多くの企業が震災後に倒産してしまったからですよね。テレビなどで取り上げられる内容も、震災後に倒産された人々の話がほとんどです。BCP対策は、震災のみの対策ではありません。そもそも、燃料の多くは海外からの輸入に頼っていますよね。その輸入が滞れば、燃料を確保する事も出来なくなりますよ。一時的でも耐える力を持ち合わせていれば、市場から企業努力が認められ信頼も回復しやすくなりますよね。

BCP対策のためには、ビジネス側の準備も必要ですが、そのインフラを提供しているIT側からの協力も不可欠です。

Comments are closed.