太陽光発電ファンドの仕組みと投資の方法は

  • 2016年10月22日
  • admin

太陽光発電ファンドとは

太陽光発電ファンドは、太陽光発電を客から出資金を用いる事で設置してエネルギーを発電によって売却する事業に投資をします。返還する投資元金及び配分される利益は客へは、太陽光発電投資事業の成果が営業者に運営する事で決定されます。したがって損失を破って投資元金を割り込む事が、ファンド持分価格の下落する事によりあります。このため、客の投資元金は保証されるものではないです。これに気を付けて、ファンドを行うようにするとお得です。

太陽光発電ファンドの仕組み

ファンドの自己資金を使わずに様々な人から投資を募る事により、運営母体は運営が出来ます。投資家としても高利回りで運用する事が、少ない自己資金であっても出来ます。これにより、合理的な仕組みになっています。案件で異なるが、8%前後も利回りを得られるので人気です。損失が出ててもファンドが投資である以上は、見込みの利益は配分されることはないです。太陽光発電所から得た利益の中から、配当金は配分されるためです。

太陽光発電投資の方法

太陽光発電の平均の設置価格は、214万円です。投資をするメリットとしては、利回りが測る指標になる事です。利回りとは年間収益の投資額に対する割合の事で利子も含めています。つまり支払った投資金額が、利益が1年で得られる何%になるのかになると言う事です。現金で購入した利回りは、約6.7%になります。売電制度で11年目以降は下がる事になっているのは、10年間固定になっているのです。11年目以降は同一で売電価格と買電価格が、計算されます。

はじめは高額だと考える太陽光発電も、長い目で見れば、かなりの経費削減につながり、エコ対策にもいいので、おススメします。

Comments are closed.